ご挨拶

肺がんを薬で完全に治癒させることはつい最近まで、不可能と考えられてきました。しかし、肺がんの原因となる遺伝子異常があきらかになり、それを標的とする薬の開発や免疫治療の進歩により、あと一歩で肺がんを薬で完全に治せるところまで来ています。

その反面、分子標的薬や免疫療法の多彩な副作用に適切に対応しなければ十分な治療効果が上げらません。多彩な副作用に適切に対応するためには専門的な知識が必要であるのみならず、他科の医師、薬剤師、看護師などとのチームワークが非常に重要です。国立がん研究センター中央病院呼吸器内科では科内の結束に加え、外科、内視鏡科、放射線治療、病理、画像診断、IVR、緩和ケア、精神腫瘍科、研究所などの多くの医師や薬剤師、看護師、治験コーディネーター、ソーシャルワーカーなどのメディカルスタッフ、研究補助員などと協力して日々の診療や新しい治療の開発にあたっています。私たちのチーム力は、全国どこの病院にも負けないと自負しています。

国立がん研究センター中央病院呼吸器内科には全国から若いやる気のある有能な医師がたくさん集まってきています。全員の目標は、肺がんを治すことです。一人一人の患者さんに対して最良の治療を提供することと、より有効な治療法を開発するために全員が一丸となって努力しています。このような若い医師たちの多くは数年間、国立がん研究センター中央病院呼吸器内科で研鑽を積んだのち全国に散らばってネットワークを形成しています。全国で肺がん治療の分野で活躍されている先生の中には、私たちのOB・OGがたくさんいます。このような全国の先生とも連携して肺がんの治療や研究に取り組んでいます。是非、一人でも多くの若い医師に私たちの仲間になってもらいたいと思っています。

新しい治療を開発するには臨床試験が必要であり、そのためには多くの患者さんの協力が欠かせません。私たちの目的は肺がんを治すことであり、これは患者さんと同じです。一人でも多くの患者さんに協力していただいて、肺がんを薬で完全に治癒させる方法を一日も早く確立したいと願っています。

国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科
呼吸器内科長
大江 裕一郎

このページは役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

35人中33人がこのページは役に立ったと言っています。