レジデントと研修について

呼吸器内科では、レジデントなどの研修生を募集しています。レジデントは2年又は3年のプログラムで、腫瘍内科一般を学んだ上で呼吸器内科を専攻することができます。

がん専門修練医は2年のプログラムで、レジデント卒業後、ないしは他施設で相応の経験をされた方を募集しています。1年目は呼吸器内科にて臨床研究などを中心に学んでいただき、2年目は各自でテーマを見つけて研究を中心とした研修をしてもらっています。

新たに設定された連携大学院コースは、学位取得を目指す研修者を対象とした、レジデントとがん専門修練医を組み合わせたコースです。

その他、専攻医(基幹施設型)、レジデント短期コースも募集をしております。

詳細は下記をご参照ください。

http://www.ncc.go.jp/jp/information2/resident_index.html

このページは役に立ちましたか?

役に立った 役に立たなかった

3人中3人がこのページは役に立ったと言っています。